治験って何ですか?

「治験」という言葉を聞いたことがありますか?治験とは「まだ国の承認を得られていない薬の候補を用いて、国の承認を得られるために成績を集めること」をいいます。「治療の臨床試験」の略らしいですが、今では単に「治験」と言っています。 様々な製薬会社が、様々な薬を日々開発していますが、実際に使うには国の承認が必要です。国が新しい薬を承認するためには、数多くのその薬のデータが必要なのです。そのデータを集めることを治験というのです。 治験は「医薬品の臨床試験の実施の基準に関する省令」に基づいて病院で行われます。この規則は、国際的に守られています。 この治験のデータをもとに国が審査を行い、病気の治療に必要で、かつ安全に使っていけると承認されたものが「くすり」として認められるようになるのです。

治験を行うために

実際に治験をするには、治験に参加してくれる人を募集します。もちろん国の承認を得られていない薬の実験ですので、治験の参加者には十分な説明が行われます。そして治験に参加する、しないは対象者の自由です。誰からも強制されることはありません。これは参加した協力費を貰うことが出来るのですが、治験は副作用の可能性も十分に考えなくてはいけません。まだ国の承認を得られていない薬ですので、思わぬ副作用や予期されない結果、最悪の場合には死に至ることも十分に想定しなくてはいけません。 また、治験のために検査や通院といった治験対象者の負担が若干増えることもあります。

治験に選ばれる方

候補の薬を試すことにより病気が改善する可能性がある患者さんなどは、治験の対象になることがあります。 また、健康な成人に治験のお願いをする場合もあります。これは、比較的短期間にデータを集められることや、正確なデータを得やすい(他の薬を服用している可能性が低いため)ことなどがあげられます。ただし、健康な成人は、抗癌剤の治験の第1相試験の試験対象となれないなど、制約もあります。 いずれも治験に参加する患者さんの人権、安全性について、最大限の配慮がなされます。

治験を体験してみたい

まずあなたが健康かどうか、自分自身でチェックしてみてください。常時服用している薬などはありませんか? また、治験では何度もデータをとるために入院・通院が必要であったりします。時間的余裕はありますか? 自分の身体を持って試すのですから、当然副作用のリスクも正しく理解する必要があります。

治験のやりがい

自分の試した薬が国の承認を得られてひろく「くすり」として認められるのはやりがいがあると思います。 リスクも高いのですが、一番初めにその「くすり」を試したという自負もあるでしょう。